お花で祝う60歳

還暦祝いに贈りたいプリザーブドフラワー

還暦祝いにおすすめは赤いバラ

還暦祝いにおすすめは赤いバラ 両親が還暦を迎えたら、何か赤いものをプレゼントとして送りたいですね。
還暦とは干支の周期が一周して、赤ちゃんに生まれ戻ったお祝いとして60歳をお祝いします。
その時に赤いちゃんちゃんこを着る風習は昔からあります。
しかし、最近の60歳はまだまだ現役でちゃんちゃんこを着るおじいちゃん、おばあちゃんではありませんし、 本人たちも年寄扱いされるのはうれしくないでしょう。
そこでおすすめなプレゼントとして、赤いプリザーブドフラワーの花束を贈ってみてはいかがですか。
プリザーブドフラワーとは生花を特殊な液に浸して加工したもので、生花のようなフレッシュな風合いを長期間楽しむことが出来ます。
もちろん生花ではないので、花粉などのアレルギーの心配や水やり、水替えの手間も必要ありません。
直射日光を避けエアコンの風を直接当てないなどの注意点もありますが、思い出の花を美しい状態でずっと飾っておくことができ、家族の思い出となるのではないでしょうか。

どうして赤い花を贈るの?

どうして赤い花を贈るの? お祝いと言えば真っ赤なバラの花束と思い浮かべる方も多いでしょう。
バラに限らず赤い花を使った花束やフラワーアレンジメントというのはお祝いごとに連想しやすい品物です。
では、どうして赤い花を贈るというのが一般的なイメージとなったのでしょうか。
赤というと、日本では古くからお祝いごとに使われていた色でもあります。
赤というのは花嫁衣裳やお赤飯など、おめでたい物に使われる色でした。
また、紅白の色の組み合わせを思い浮かべる人が多いと思われます。
赤と白の色の組み合わせもまたおめでたいカラーリングとなっています。
伝統に則った意識がなくとも、赤いカーネーション、チューリップ、ガーベラ、ダリア、アネモネなど赤色の花は豪華でとても印象的です。
おめでたい色という意識や、見た目の華やかさといった理由からお祝いに赤い花を贈るという連想が湧くのではないでしょうか。
人の好き好きがありますが、お祝いに華やかな彩りを添えるには赤い花を贈るのはよりお祝いの気持ちを伝わりやすくする選択なのではないかと思われます。
生花の花を贈るだけでなく、プリザーブドフラワーと言う水分を抜いて乾燥させたお花を贈る方法もあります。
劣化のしにくいプリザーブドフラワーのフラワーアレンジメントなどを活用して、赤い花を贈るというロマンチックなお祝いを演出してみてはどうでしょうか。

Copyrignt(c) 2016 お花で祝う60歳 All Rights Reserved.