お花で祝う60歳

還暦祝いに贈りたいプリザーブドフラワー

記念品として長く残せるのはプリザーブドフラワーならでは

記念品として長く残せるのはプリザーブドフラワーならでは 結婚式や母の日、日頃お世話になっている人への感謝の気持ちなど、古くから贈り物の定番として選ばれているのが花です。
美しく、花言葉によるメッセージ性もある為、様々なシーンでの贈り物に適している花ですが、その一方で生花は短期間で劣化してしまうケースもある為、形として長く残せないという一面があります。
しかし、ビニールやプラスチックで作られた造花では、生花の質感が無く物足りなさを感じる人も少なくありません。
そんな中、生花の美しさを持ちながら長く残せることで注目を集めているのが、プリザーブドフラワーです。
脱水や着色などの加工がなされ、保存性が高められているプリザーブドフラワーですが、ビニールやプラスチックではなく生花が材料となっているので、瑞々しい美しさが感じられる点が人気となっています。
また、お世話の手間が不要でアレルギーの心配も無い為、誰にでも安心して贈ることができるのも魅力です。
記念品として花を贈るなら、長く残せるプリザーブドフラワーに注目してみましょう。

誰でも簡単にお手入れできるプリザーブドフラワーの特徴

誰でも簡単にお手入れできるプリザーブドフラワーの特徴 最近贈り物として注目されるようになったプリザーブドフラワーは、誰でも手入れができるので誰に贈っても喜ばれるようになりました。
しかし、簡単に手入れができるということ以外にも様々な特徴があるという事を知っている人が少ないというのが現状です。
プリザーブドフラワーの特徴として挙げられるのが、匂いが少ないという事です。
生花の場合は花の種類によって匂いがきつい物があります。
そのため、匂いに敏感な人に贈っても喜んでもらえません。
しかし、プリザーブドフラワーの場合は特殊な加工を施しているため生花と比べると匂いが少なく、匂いに敏感な人にも贈る事ができます。
また、特殊な加工を施しているので花粉が落ちにくいという特徴もあります。
花粉などのアレルギーを持っている人にも贈る事が可能なため、より多くの場面で贈り物として活用することができます。
プリザーブドフラワーの持つ特徴を理解して、どのような場合に活用できるかを考えてみましょう。

Copyrignt(c) 2016 お花で祝う60歳 All Rights Reserved.