お花で祝う60歳

還暦祝いに贈りたいプリザーブドフラワー

記念に残せるプリザーズドフラワー

還暦のお祝いは記念に残せるプリザーズドフラワー 還暦祝いというと、昔は赤いちゃんちゃんこや帽子などが定番でしたが、今はお食事会、温泉旅行、赤色にこだわらず上質な品物を贈る場合もあるでしょう。
花束を贈るのも喜ばれますが、のちのちまで還暦祝いの記念に残したいならプリザーブドフラワーがおすすめです。
花束を保存したい場合、家でドライフラワーにすることもできますが、どうしても色が茶色味がかってしまったり、乾燥してチリチリと砕けてしまったりします。
一方プリザーブドフラワーなら、特殊な薬液を使って鮮やかな色を保ちながら乾燥させているので、いつまでも花の色や質感を楽しむことができ、飾っていてとてもきれいです。
花の取り合わせやサイズなども、花束を選ぶように多くの種類から選ぶことができますし、花を入れている容器のデザインや色、素材なども何種類かあるので、好みや予算に合わせて最適なものが見つかるはずです。
テディベアなど可愛らしいぬいぐるみを添えてくれるショップもあり、長寿のお祝いの種類によって赤や黄色のちゃんちゃんこや帽子、座布団付きも選べます。
還暦祝いの本人が、赤など派手な色が苦手でも、テディベアに赤いちゃんちゃんこや帽子を着せるなら本人も恥ずかしくなく見ていてほっこりするので、プリザーブドフラワーとともにテディベアを贈るのもおすすめです。

還暦祝いのアドバイス

還暦祝いのアドバイス 六十歳を還暦と呼び、この時には何らかのお祝いを行います。
もうすぐ両親が六十歳になる、という二十代の方も多いでしょう。
還暦祝いではどのような物を贈るのがいいのかアドバイスしましょう。
古希、喜寿、傘寿と続いていく祝いの中で最初に訪れるのが還暦です。
そして現在の六十歳の人はとてもエネルギッシュでまだまだお爺さんお婆さんと呼ぶには早いです。
ですので、昔のように赤いちゃんちゃんこを贈っても年寄り扱いするなと怒られたり、そうでなくても使ってくれる人はまずいないでしょう。
ですが、独り立ちした子供が何らかの贈り物する最初の機会でもあります。
特別な物を贈って、いい思い出にしたいところです。
そこでオススメなのがプリザーブドフラワーです。
生花を加工して作るプリザーブドフラワーは、手入れをすることなく長く楽しむことができます。
還暦の色である赤、すなわち真っ赤なバラを六十本敷き詰めたボードやドームなどを贈ってみてはいかがでしょうか。
お花が好きな両親ならば勿論喜びますし、そうでない場合でも手入れの必要がないので純粋に飾りとして楽しむことができます。
赤い色に抵抗があるのでは、と不安がある場合には別の色でも大丈夫です。
初めての還暦祝いには、プリザーブドフラワーを贈って特別な思い出にしましょう。
両親に贈り物をする、恩返しの始まりです。

還暦祝いのプリザーブドフラワー関連リンク

還暦祝いや米寿のお祝いなどに贈るプリザーブドフラワー

還暦祝い プリザーブドフラワー

Copyrignt(c) 2016 お花で祝う60歳 All Rights Reserved.